おいしさ解説おいしさ解説

和豚もちぶたの特長

保湿性の高いしっとりした肉質。とろけるような脂の軽さと甘さ。保湿性の高い
しっとりした肉質。
とろけるような
脂の軽さと甘さ。

ロース肉や肩の部位はじっくり焼いても固くならず、冷えても柔らかです。赤身のおいしさを引き立てるサシはほどよく交り、深いコクと旨味が楽しめます。脂はほのかに甘く、その後味は不思議なほどさっぱり。臭みがないので、豚肉が苦手な方にもおすすめです。ロース肉や肩の部位はじっくり焼いても固くならず、冷えても柔らかです。
赤身のおいしさを引き立てるサシはほどよく交り、深いコクと旨味が楽しめます。
脂はほのかに甘く、その後味は不思議なほどさっぱり。
臭みがないので、豚肉が苦手な方にもおすすめです。

おいしさ分析

『和豚もちぶた』のおいしさを科学的・客観的に分析するため、株式会社味香り戦略研究所の全面的な協力の下、「ロース」「モモ」「バラ」の3つの部位について、味分析を行いました。『和豚もちぶた』のおいしさを科学的・客観的に分析するため、株式会社味香り戦略研究所の全面的な協力の下、「ロース」「バラ」「モモ」の3つの部位について、味分析を行いました。

各部位をクリックして情報を見る各部位をクリックして情報を見る
  • ロース

  • バラ

  • モモ


  • あとくちのすっきり感

    比較グラフを見る

    閉じる

    DATA ロース

    ロース

    ロースのおいしさの特徴は何と言ってもバランスの良さ。豚肉本来の「味の厚み」や「コク」がしっかりと楽しめる一方で、「あとくち」はすっきりし、味がくどくないことで雑味も抑えられています。まさに和豚もちぶたらしい、豚肉の王道と言っても差し支えないおいしさを備えています。

    おすすめ調理法 とんかつ・しゃぶしゃぶ

    おすすめ調理法 とんかつ・しゃぶしゃぶ

    とんかつ写真

    DATA

    DATA

    戻る

    次へ

  • DATA バラ

    ロース

    バラは、まろやかであとくちすっきりなクリアな味わいが特徴です。「味の厚み」や「苦味由来のコク」も充分で、クリアながら豚肉本来の濃厚さも楽しめます。 味のくどさは抑えられ、和豚もちぶたならではの雑味の少なさも兼ね備えています。

    おすすめ調理法 シチュー・角煮

    おすすめ調理法 シチュー・角煮

    角煮写真

    DATA

    戻る

    次へ

  • DATA モモ

    ロース

    モモのおいしさの特徴は、豚肉の持つまろやかな味わいが際立ちます。一方で、「苦味由来のコク」や雑味につながる「味のくどさ」がはっきりと抑制され、いくら食べても飽きが来ない味わいとなっています。さらに豚肉の「味の厚み」も担保されているため、和豚もちぶたの良さも充分堪能できます。

    おすすめ調理法 ソテー・網焼き

    おすすめ調理法 ソテー・網焼き

    ソテー写真

    DATA

    戻る

    次へ

和豚もちぶたは一般豚に比べ、うま味成分であるアミノ酸のひとつとされる”グルタミン酸”や、脂の酸化を防ぐ作用のある”ビタミンE”を多く含んでいます。そのため、一般豚よりうま味成分が多く、美味しさを長持ちさせる舌触りの良い肉質を持っています。

和豚もちぶたは一般豚に比べ、うま味成分であるアミノ酸のひとつとされる”グルタミン酸”や、脂の酸化を防ぐ作用のある”ビタミンE”を多く含んでいます。そのため、一般豚よりうま味成分が多く、美味しさを長持ちさせる舌触りの良い肉質を持っています。

参照:星名桂治、栗原賢三、二宮くみ子(2014)『だし=うま味の辞典』東京堂出版

和豚もちぶた ファン・料理家の皆様の声

和豚もちぶた

ファンの皆様の声

『和豚もちぶた』をご家庭などで食べていただいた方や、食材として実際に使用した皆様からのご意見です。

一般の方

もっと見る閉じる